米寿のプレゼントの定番商品とは?

米寿とは88歳の長寿のお祝いのことを指し、米の字を分けると八十八に見えることから来ています。

88歳を迎えたおじいちゃんやおばあちゃんをお祝いするために色々なプレゼントを贈りますが、何を贈れば喜んでもらえるのかが分からないという人も多いようです。

迷って決められない場合には、米寿のお祝いをする際に定番といえる商品がいくつかありますので、その中から選ぶというのも一つの方法です。

定番商品としては、やはり花束が人気があります。大きな花束を用意するだけでその場が華やぎますし、お祝いムードも盛り上がります。

色としては明るいピンクやオレンジ、赤紫が人気であり、88本のバラを選ぶ人も少なくありません。

縁起の良い色としては朱赤や濃い紫などがあり、逆に避けた方が良いのは青や白などの不祝儀に使われる色です。

仏花として使用される輪菊や小菊も避けるべきであり、椿も花首が落ちることから縁起が悪いとされています。

祝事に向かない花が含まれているとせっかくのお祝いを台無しにしてしまう恐れもありますので、分からない場合には花屋さんに相談してみると良いでしょう。

生まれた日の新聞をプレゼントするというのも定番ですが、最近ではその日に刊行された新聞の一面をパズルにして売られているものがあります。

ジグソーパズルをすれば頭の体操になりますし、完成すれば当時の新聞を見ることができます。

米寿のお祝いに集まってくれた家族や友人たちと一緒にパズルを組み立てればそれも良い思い出になりますので、新聞のパズルというのも素敵な贈り物です。

他にも似顔絵作家に作成してもらった似顔絵ポエムは定番になりつつあります。

米寿を迎えるおじいちゃんやおばあちゃんだけの似顔絵でも良いですし、家族が揃っているところを描いてもらうのも良い方法です。

ポエムを入れることで感謝の気持ちを伝えることができますし、温かみのある似顔絵は飾って楽しむことができます。

お酒好きの人には、名入れラベル酒を贈るという方法もあります。

オリジナルラベルを作ってもらってお酒に貼った状態でプレゼントするのですが、日本酒を日頃から愛飲されている人にはとても喜ばれるようです。

名入れラベルつきのお酒を購入する機会などめったにありませんので、米寿という特別なお祝いの時に選ぶという人は少なくありません。

毎日お茶を飲むことが多いという場合には、湯呑も良い贈り物になります。

米寿のお祝いですので、孫たちの写真つきの湯飲みやメッセージが入った湯呑を選ぶと特別な感じが出ますのでおすすめです。

いつも使っている湯呑が古くなっていたり欠けていたら新調するのに良いタイミングですので、湯呑を探してみるのも良いのではないでしょうか。

予算に合わせて様々な贈り物を選ぶことができますので、おじいちゃんやおばあちゃんの日頃の生活を一度思い出してみて、何を選べば喜んでもらえるのかをまずは考えてみることが大切です。

 

お勧めの参考記事→米寿祝いの定番人気商品はこれ!定番の人気商品4選と喜ばれるプレゼントの選び方