古希のプレゼントの定番商品とは?

人生

古希のお祝いは一生に一度しか無く、毎年の誕生日や敬老の日とは異なりプレゼントも普段とは少し違う配慮が必要になります。

古希のお祝いとは、数え年で70歳になった方々をお祝するイベントです。

もともとは、中国で始まった習慣で、日本に伝わったのは室町時代とされています。

本来、年齢のお祝いは数え年(69歳)で行うことが通例でしたが、最近は数え年よりも満年齢(70歳)の数え方のほうが一般化してきているので、長寿も満年齢で行うところが増えてきました。

唐の詩人杜甫(とほ)の詠んだ人生七十年古来稀なりという節から生まれました。

昔は、短命の人が多く70歳まで長寿を保つのはまれでしたが、今では多くの人が迎えるお祝いとして定着しています。

この貴重な古希の機会を過ぎてしまうと、次の長寿のお祝いは7年先の77歳の喜寿のお祝いになります。

70年という長い人生を歩んでこられた大切な人の歳月を想って、心を込めて特別なプレゼントを選ぶ際の定番商品を紹介いたします。

紫

長寿のお祝いの際には、年齢ごとにお祝いの定番色があります。古希のお祝い色は紫です。贈り物も紫を送るのがしきたりとなっています。

もともと、紫色は高貴な色で徳のある僧侶など位の高い人しか身に付けることができませんでした。その名残から、敬意の対象となる色をあしらったプレゼントが定番です。

プレゼントとしては、ちゃんちゃんこ、ずきん、座布団を贈るのが一般的とされていますが、近年ではもっと実用的なものや、各々の趣味のものをプレゼントとして贈ったりする場合も増えてきています。

古希のお祝いは、長寿のお祝いで70歳になった記念に、もらって嬉しい物は年齢を感じさせないものを選ぶことをお勧めします。

若々しい方がまだまだ多いのが70代です。大切なお祝いで年寄り扱いをして、相手の気分を害さないように注意が必要です。

小物などであれば、相手の名前や、日頃の感謝やお祝いのメッセージの入っているオリジナルのものも人気があります。

また、一泊二日などの小旅行で温泉などへ連れていってあげることも喜ばれます。食事会などの特別な体験を一緒に過ごすような体験型のものも増えてきています。

健康グッズやマッサージチェアを贈る場合には、これからもずっと元気で長生きでいて欲しいという気持ちが伝わるため、人気があります。

杖

古希のお祝いの際に注意しなければいけないことは、老顔鏡や杖といった年齢を強調した贈り物は、気を落とさせてしまうことがあるので避けるべきです。

同様に、お茶やハンカチ、櫛なども縁起がよくないため避けるべきです。

小さなお子さんがいるような場合は、似顔絵を描いてあげることも大変喜ばれます。

日頃の生活スタイルを少し注意深く見てみると、きっと素敵な贈りものが見つかります。

これからもずっと健康で長生きして欲しいという気持ちを込めてお祝いをしてあげることが、多くの方々にとって特別な記念日となります。