日本ビール ・発泡酒

ビール

日本ビールと発泡酒、第三のビールの違いはどのような点にあるのでしょうか。

日本ビールの定義については国税庁によれば、

「麦芽、ホップ、及び水を原料として発酵させたもので、麦芽の使用率が100パーセントのもの」

及び

「麦芽、ホップ、水、及び麦、米などの特定の副原料を使用して発酵させたもので、麦芽使用割合が約67パーセント以上のもの」

を指すとしています。麦芽の使用割合が約67パーセント以上というのがポイントですね。

定義は国によって異なりますので日本でビールとされても海外ではそうでない場合もあります。

また、逆もあるということです。発泡酒の定義は

「麦芽または麦を原料の一部とした発泡性のある雑酒で、麦芽の使用割合が約67パーセント未満のものか、ビールの醸造に認められない原料を使用したもの、もしくは麦芽を使用せず麦を原料の一部としたもの」

を指すとしています。

麦芽の使用割合が約67パーセント未満か、それ以上だが国の指定する原料を使用しているという部分がポイントですね。

第三のビールは、上記の原料とは別の原料、製法で作られているがにたような風味の発泡性アルコール飲料を指します。

新ジャンル

メーカーは「新ジャンル」とも呼んでいます。

原料として麦芽、麦以外を使用したもの、発泡酒に、麦に由来するスピリッツや蒸留酒などのアルコールを加えたものが主流です。

しかし、この定義は政府による見直しが進んでおり徐々に変更される見込みとなっています。

2018年には麦芽使用割合が約67パーセント以上のものを日本ビールとして定義していましたが、これを約50パーセント以上に改める予定です。

また、麦芽比率を引き下げるだけでなく、主原料となるモルト、ホップのほか、これに加える麦や米、トウモロコシ、ジャガイモ、でんぷんなどに限っていた副原料に、果実や香辛料なども使用できるようします。

新ジャンルなどでもよく使用されていた原料や副原料ですね。

政府によれば多様な商品を開発することに資するとしていますが、税収のためと言われています。

税率は日本ビール、発泡酒、新ジャンルでした。

アップする

歴史的を鑑みれば、1990年代に日本ビールの代わるものとして発泡酒の開発が進み売り上げが伸びていたところ、政府が税率を1996年、2003年と引き上げました。

そこで新ジャンルのビールが開発され、売り上げを伸ばしてきたという経緯があります。

近年では新ジャンルの売り上げが他2種に代わってどんどん勢力を伸ばしているので税収に困っている政府に目をつけられたという見方です。

そしてさらに、2026年を目途として3つのビール系製品に対する税率を一本化することを発表しました。

2023年以降は、新ジャンルと発泡酒の区分を廃止して統合する案を提出しています。

このためメーカー各社は新ジャンルの風味をどのようにしていくか試行錯誤しているということです。

どの程度の価格であれば消費者は購入してくれるのかなどを検討しています。