お酒が好きなお父さんの77歳の誕生日に何を贈るべきか

いろいろなお酒

古希や還暦などの60や70の節目の年を祝う風習のルーツは多くが中国にあるとされています。

このように節目の年を祝う物の多くが中国起源にあるのとは対照的に、喜寿(77才)は日本で始まったとされているのです。

「喜」の草書体が「㐂」であるため上と下の七をあわせて、77才を喜寿としてお祝いする風習が始まったといわれています。

このような年齢の節目のお祝いに家族の皆様も、色々とをプレゼントをしてあげて、お祝いの気持ちと感謝の気持ちを形にすることに腐心されている方も多くいらっしゃることでしょう。

プレゼントを贈るときに常に頭を悩ますのは、先方が喜んでくれるのか、単に善意の押し付けになってしまってはいないのか、の点にあるのは事実です。

心から喜んでもらえるものを、贈呈するにはもらう人の立場に立って、セレクトするのが基本になるわけです。

明確な趣味嗜好があれば別ですが、奥の場合好みは何か分からず曖昧模糊にプレゼント選びを行わざるをえないのが大半でしょう。

ただし客観的に誰にでも分かり易い嗜好性を示すものがあります。それはお酒です。

日本酒

お酒を嗜む習慣がある方にとって、色々な銘柄を試してみたいとの意向を色濃く持っているのは間違いありません。

好みの銘柄も明確ならセレクトに間違うことはないかと思われます。しかしここで喜寿の意味を考えて見ましょう。

男女問わず長寿の方は多くいらっしゃる中でも、やはり齢77年もの月日を積み重ねて、艱難辛苦を乗り越えてきた方への心からのお祝いを込めて贈呈するのが、喜寿にプレゼントをすることの意義です。

このような視点で考えると、喜寿を迎えた父へのプレゼントには名入れ酒という選択肢があります。

名入れ酒とは、お酒にオリジナルのラベリングを施すことを言います。

ラベルの製作はもちろん、専門家にお願いするわけですが、そのデザイン案には希望や思いを反映させることが出来るのです。

既製品では得られないユニークさが魅力です。

オリジナルラベルのお酒

ラベルデザインには豊富なメニューが用意されており、書体や全体の意匠もオーダーすることが出来、世界でオンリーワンのお酒をプレゼントすることが適います。

プロでもないので、デザインなんて良く分からない、なんて場合にはシンプルに名前だけを入れる選択肢もあります。

意匠の良し悪しや洗練されているか否か、などに思い悩む必要は無いのです。いつものお酒を楽しむように、箱から瓶を取り出した瞬間、思わず感激の涙をながすことも。

照れ笑いと感涙の思いが溢れる中で家族全員が感動する場面が展開していくことでしょう。

また名入れ酒では、思いを込めたメッセージを併せて取り入れることが出来るので、喜寿の御祝いの手紙と感謝の意味合いもダイレクトにラベルに表現することも可能です。

家族の間で手紙のやり取りなどは、恥ずかしくて今さら出来ない、こんな思いにもしっかり答えてくれる、正に喜寿を迎えた父へのプレゼントには、名入れ酒をお勧めする所以です。

 

お勧めの関連記事→酒好きな父への喜寿祝い