退職祝いを男性に贈るときの注意点

お世話になった上司や、先輩や同僚などが退職するというときに用意するのが退職祝いです。

これまで一緒に働いきた感謝と慰労の気持ちを込めて用意するプレゼントですが、何を贈れば喜んでもらえるのかは性別や年齢、相手の立場によって異なります。

また、性別によって嬉しいプレゼントや喜ばれないプレゼントもあるためプレゼントを用意するときには注意が必要です。

特に退職祝いを贈るときにプレゼントされるのが多いのが、花束です。

お祝いの定番プレゼントであり、スイートピーは花言葉が「門出」や「やさしい思い出」などの意味を持つため退職する時のプレゼントとしてふさわしい花として人気です。

しかし、花束の場合女性には喜ばれることが多いですが、男性にはあまり喜んでもらえないこともあります。

車で通勤しているという人なら問題はないかもしれませんが、電車通勤などをしているという人はラッシュで混雑している電車に乗って帰らなければならないなどというケースの場合、花束を送ったとしても持ち運びがしにくく、潰さないように気をつけなくてはならないし、荷物になってしまうため敬遠されることも考えられます。

おくさんや娘さんがいるなど女性と同居している場合には喜ばれるかもしれませんが、一人暮らしだったり独身である場合など花束をもらっても飾る場所や花瓶がなかったり持て余してしまう可能性もあります。

そのため、男性に花束を贈る場合には結婚しているか、荷物になってしまわないかなどを考えてから贈ることが重要となります。

どうしても花を贈りたいという場合には、荷物になってしまいますが、花瓶に入れる手間がないフラワーボックスにするなどの工夫がオススメです。

また、無難なものとして財布や手帳を贈るというケースもあると思います。しかし、財布や手帳などは好みやこだわりのある可能性が高いものでもあります。

財布や手帳は気に入ったものをこだわりを持って選ぶ人が多いため、そのようなものをプレゼントされても使ってもらえない可能性が高くなってしまいます。

どうしても財布や手帳を贈りたいという場合には、箱型の小銭入れがオススメです。

革製品などであれば世代など気にせず送ることができます。シンプルな小物は意外と品質の差が見えやすいものですので、すっきりした上品な小物をして良いとされています。

また、記念品としても主張しすぎないためいつでも使ってもらえます。退職するに人には、様々な事情があり年代も様々です。

そのため退職祝いにどんなものを選んだら良いのか迷ってしまうという人も多いと思います。

そんな時には、贈る人の年齢やライフスタイルなどを考慮してプレゼントを選んでいくことが重要となります。

どうしてもどんなプレゼントを選べば喜んでもらえるのかわからないという場合には、味気はありませんがカタログギフトなど自分で選んでもらえるタイプのプレゼントをすることがオススメです。

また、お祝いと一緒に寄せ書きなどをするのも良いとされています。

参考の関連記事→男性の退職祝いの選び方|贈る際の注意点やおすすめのプレゼントについて