傘寿祝いでのプレゼントの選び方

傘

傘寿とは80歳を数え年で迎えるお祝いのことを指します。ただし近頃は数え年の方ではなく満年齢の方でお祝いする方も増えてきています。

数え年では生まれた時点を1歳と数え新しい年になり度に1歳ずつ年齢を重ねていくという数え方になっているのです。

若い世代の人は満年齢でのカウントの仕方に慣れている場合がほとんどとなっています。

数え年の場合だと誕生日によっては満年齢で78歳の時点で傘寿のお祝いを迎えることになる場合もあるのです。

そのため間違いを防ぐという理由で傘寿祝いを満年齢で行うように移行しているということになります。

傘寿祝いのシンボルになるカラーはパープルです。プレゼントにはパープルの物をプレゼントすることがあります。

とはいっても相手の好みに合わないようなときには無理にパープルにこだわらなくても構いません。

プレゼントの包装紙などをパープルにするだけであっても、ちゃんとした傘寿祝いのプレゼントに見えます。

手作りの物は、作る方の思いが込められているため非常に喜ばれるものです。

時間にもし余裕がある場合は自分で作ってみるというのも良い方法になります。

自分で作るのは難しそうだというイメージがあるのですが簡単にキットを利用して作ることができる物も用意されているのです。

手紙

そして手紙も素敵なプレゼントになり得ます。

メッセージを添えたりイラストを描いたりするだけでも感動してもらうことができる可能性が高いです。

品物にあまりこだわらずに実際に喜んでもらえる物を選ぶのが良い方法になります。

80歳になってくると普段の暮らしに少しずつ不便さを感じることが出てくる場合も少なくありません。

そういった不便さが多少でも解決できるような座椅子などの日常生活をサポートする物を選べば、きっと喜ばれるはずです。

日常生活をサポートする物は実用性があるため傘寿祝いのプレゼントに適しています。

もらって嬉しい物として挙げられるのが実用的な品物です。

必ず利用してもらえるため何を選ぶかについて迷ったら実用的な品物がおすすめになります。

例えば食卓で利用する湯呑みなどは傘寿祝いの定番となっているのです。

形となって残る品物は一生ものの記念となります。思わず眺めていたくなる素敵な贈り物を選ぶのが良い方法です。

家族写真

家族みんなが写っている写真をフォトフレームなどに入れてプレゼントしても喜ばれます。

そして旅行は形に残すことができませんが、一生心の中に思い出という形で残ることになるのです。

一緒に旅行をしたりパーティーを催したりと楽しめる体験を提供すると忘れられない思い出になります。

身体が冷えると血液やリンパ液の巡りが悪くなったり身体全体の動きが鈍くなったりするものです。

ひざ掛けを選べば肌寒い日に役に立ちます。ふんわりしている生地やオーガニックの素材のひざ掛けが最適です。

肌触りが良いひざ掛けは毎日利用したくなります。多少長い物を選べばひざの辺りに加えて全身を温めることもできるのです。